弊社では、業務用エアコンの中古品の販売はお取扱いしておりません。

しかし、インターネットなどで中古品が販売されていますので、お客様が購入されたものを取り付けることは可能です。

業務用エアコンの中古品 デメリットとメリット

デメリット

業務用エアコンの使用できる期間の目安は10~15年ほどです。期間での使用コストでみると、中古品の場合は割高になることがあります。

事例を挙げて、みてみましょう。

6馬力シングル機で、6年前の型式のものが、新品と比べ180,000円くらい安く売られている場合。

一見お得で、400,000円するものが220,000円で購入できるのは、非常に魅力的です。

けれど業務用エアコンは使用頻度が高く、経年劣化を前提として考えなくてはなりません。

施工費は機器が新品でも中古で同じですので、施工費が200,000円とすると

新品の総額:400,000円(機器)+200,000円(施工)=600,000円

中古の総額:220,000(機器)+200,000円(施工)=420,000円

使用できる期間を考慮すると、

新品の場合:600,000円で15年とすると、600,000円÷15年=40,000円/年間使用料

中古の場合:420,000円で、15年-6年で残り9年間、もし使えるなら、

420,000円÷9年=46,666円/年間使用料

この場合は、結局、コストが上がってしまうのです。

もう一つのリスクとして、機器が古ければ古いほど、メーカーでは修理部品を供給しなくなり、故障すると直せなくなる、という面もあります。

メリット

中古を選ぶメリットとしては、

当面の現金が節約できること、

短い期間しか使わないと決まっている場合には節約になる、

この2点になるかと思います。

まとめ

長期使用するなら新品の方が省エネ効率も良く、使う期間が長くなるほどお得になります。

まずは短期的なキャッシュ重視、という場合はご相談ください。

※機器の状態や、中古販売価格に左右されますので、見極めにより、お得にも、割高にもなる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。