設備のIOTが発展しています。今や空調を止めてはならない施設は数多くあり、病院、低温で保管する倉庫などがそれです。ですが機械の故障というのは、「いつ故障が起きるのか」までは事前に把握することなど、よほど不可能なことでした。これが設備とインターネット、データマイニング(学習機能型自動検知)によって可能になりました。

インターネットと設備を接続し、常にデータを収集します。そのデータに通常とは異なる変化を検知することで、前もって保全をすることができるのです。

こうした技術の発展は、保守コストの削減、設備の安定稼働へと導きます。

<日立 exiida> 

https://www.hitachi-gls.co.jp/products/exiida/monitoring/

<ダイキン エアネットⅡサービスシステム> 

https://www.daikincc.com/fcs/product_03.html

<三菱電機 AirCoNet >

https://www.mitsubishielectric.co.jp/ldg/ja/air/guide/solution/melflo/airconet/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。